車を売却する時の選択肢として、新車の下取りがあります。

車の売り先としては、新車を購入する販売店(ディーラー)になります。

中古車の下取りというのも無くはないですが、新車ディーラーが100%下取りしてくれるのに対して、中古車販売店の場合は、買取という形態になることもあります。

中古車の販売店といっても大手から中小、中には個人経営のお店まであるので、下取りしてくれるかはお店次第です。

下取りに出すメリット

新しく購入した車の納車に合わせて、今乗っている車を販売店に引き取ってもらうので、手間が一度で済みます。

車のやり取りに関わらず、交渉や契約書(注文書)の作成も一度で済むので、時間の節約もできます。

さらに購入した車が人気車であったり、輸入車であったりして、納期が数か月先なんて場合でも、納車まで下取りに出す車に乗り続けられます。

その間に車両状態が大きく変わらなければ、契約時の下取り価格にも影響がないのも利点の一つです。

あとは、下取り価格が思いのほか良かったりすることもあります。

車買取では、1円の価値もなかったとしても、下取り価格が5万円になることや同じメーカーの車種への乗り換えであれば、下取り価格が思いのほか高いなんてこともあります。

下取りに充当できる原資が自動車メーカーから出ていることもあるので、車の乗り換えであれば、下取りの査定も必ず受けておいたほうが良いです。

情報収集先

購入したい!購入する自動車メーカーのフェアやイベント・キャンペーンの情報をチェックしておくのも忘れずに。

キャンペーン | インフォメーション | SUBARU

キャンペーン | 購入検討サポート | MITSUBISHI MOTORS JAPAN

キャンペーン情報|おすすめ情報|軽自動車・エコカー・低燃費車【ダイハツ】

自宅の近くにあるディーラーのホームページを見るのもオススメです。

下取りに出すデメリット

メリットの逆で、下取り価格が安い場合もあります。

中には安す過ぎることもあるので、価格の見極めが重要になってきます。

ほんとビックリするくらい安い下取り価格を提示されることもあるので!

損をしないためには、下取り価格を比較して条件の良い販売店で購入しましょう。

加えて新車の値引きなどの条件も要チェックです。

下取り価格を増やしたように見せかけて、値引き額を少なくするなど、上手い具合に調整されることもあるからです。

ただ特定の車種を買うと決めている場合は、なかなか下取り価格の比較は難しいので、その場合は車買取業者の査定価格と必ず比較です!

少なくとも数社の車買取業者で査定を受けて、下取り価格と比べてください。

その中から一番条件の良い所を選べば間違い無いです。

少々売却価格としては、低くなってしまっても、常時車が必要であれば、納車まで乗っていられる下取りを選ぶのも良いですし、二、三週間くらいなら車は不要ということであれば、一番高い業者に売るのも良し。

車買取店の査定

無料一括査定を利用すると時間短縮できます。

例えば↓

カーセンサー.net簡単ネット査定